LEDテレビの特徴、LEDテレビ特徴(利点)は消費電力(電気代)だけ?

2014年09月01日 22:39

LEDテレビの特徴、LEDテレビ特徴(利点)は消費電力(電気代)だけ?
最大のLEDテレビの特徴はは消費電力(電気代)?

LEDテレビの特徴、LEDテレビ特徴(利点)は消費電力(電気代)だけ?1 
LEDテレビの特徴、LEDテレビ特徴(利点)は消費電力(電気代)だけ?

LEDテレビの特徴は、BLU(Back Light Unit)にある。

LEDテレビはバックライトにLEDを使用する製品をいう。

単純に見ると、バックライト以外はLCDテレビと違いがない。

LCD液晶は発光することができなく、後ろから光を照らしてくれなければならない。

このため、LCDテレビの場合、後ろから光を照らす照明が必要である。これがBLU(Back Light Unit)だ。

LEDテレビの特徴、LEDテレビ特徴(利点)は消費電力(電気代)だけ?2
LCDテレビとLEDテレビの特徴と相違点を比較するのは難しい

携帯電話、ノートパソコンなどのLCD液晶を使用する他の電子製品の場合も同じだ。

従来は、BLU(Back Light Unit)で、主に蛍光灯を使ったが、最近ではLEDが徐々に置き換えている。

LED BLUは、従来の蛍光灯BLUに比べて明るさに優れ、光の強さの調節が可能で、エネルギー効率が良いからだ。

つまり、LEDテレビ特徴(利点)は"エネルギー効率:消費電力(電気代)"である。

一般消費者がLCDテレビとLEDテレビの特徴と相違点を比較するのは難しい。

実際にLCDテレビのLEDテレビは、大きな差がない。
LEDテレビの特徴、LEDテレビ特徴(利点)は消費電力(電気代)だけ?3
最大のLEDテレビの特徴は消費電力(電気代)

LCDテレビが広いカテゴリーであり、LEDテレビは、単にバックライトにLEDを使用するという特徴だけがある。

LCDテレビは、光源(バックライト)に蛍光物質のCCFLを使用する。簡単に言うと蛍光灯と思えば良い。

LEDテレビの特徴は、バックライトにLEDを使用していることだが、単純に見るとバックライト以外、何の違いもない。

最大のLEDテレビの特徴は消費電力(電気代)である。

CCFLよりLEDの高効率の光源であるため、消費電力が40〜60%まで低くなる。

発熱も少ない。 LEDの小さいサイズのおかげで、テレビのサイズが小さくなることもあり、画質もLEDテレビが一枚上だ。

LED液晶テレビおすすめ!2012年北米LED液晶テレビ人気ランキング ソニー、東芝、シャープ、パナソニックのランキングは?

2012年08月22日 00:54

LED液晶テレビおすすめ!2012年北米LED液晶テレビ人気ランキング ソニー、シャープ、東芝、パナソニックのランキングは?
2012年LED液晶テレビおすすめ!LED液晶テレビランキングソニー、シャープ、東芝、パナソニックのランキング!
LED液晶テレビおすすめ!2012年北米LED液晶テレビ人気ランキング ソニー、東芝、シャープ、パナソニックのランキングは?1
LED液晶テレビおすすめ!2012年北米LED液晶テレビ人気ランキング ソニー、東芝、シャープ、パナソニックのランキングは?
LED液晶テレビ人気ランキング(LED液晶テレビランキング)

2012年北米LED液晶テレビ人気ランキングが発表された。

ソニーLED液晶テレビ、東芝LED液晶テレビ、シャープLED液晶テレビ、パナソニックLED液晶テレビもLED液晶テレビ人気ランキングに入った。

しかし、残念ながら2012年北米LED液晶テレビ人気ランキング1位、2位、3位は海外企業が占めた。

市場調査会社IHS iSuppli社によると、2012年第1四半期の北米LED液晶テレビ市場でサムスン電子LED液晶テレビは、台湾VIZIO LED液晶テレビに押され2位を占めた。

LED液晶テレビおすすめ!2012年北米LED液晶テレビ人気ランキング ソニー、東芝、シャープ、パナソニックのランキングは?2
LED液晶テレビおすすめ、ソニーLED液晶テレビ、東芝LED液晶テレビ、シャープLED液晶テレビ、パナソニックLED液晶テレビの北米ランキングは?
2012年北米LED液晶テレビ人気ランキング1位、2位、3位は海外企業が占めた

サムスン電子LED液晶テレビの市場シェアは前四半期比5.3%ポイント減の17.6%を記録した。

VIZIO LED液晶テレビは、前四半期より3.5%ポイント増の18.5%のシェアを記録し1位に上がった。

LG電子LED液晶テレビは、同期間中65万7000台を販売し3位を記録した。

その次はソニーLED液晶テレビ6.6%、東芝LED液晶テレビ5.2%、シャープLED液晶テレビ4.4%、パナソニックLED液晶テレビ1.2%の順だった。

Tom Morrod IHS首席研究員は "VIZIO LED液晶テレビがこの四半期に1位に上がったのは、米国市場で最も人気があった32インチLED液晶テレビ、40インチLED液晶テレビ、42インチLED液晶テレビ市場で優位を占めた結果"と説明した。

また、VIZIO LED液晶テレビ人気の要因は、低価格である。

LED液晶テレビおすすめ!2012年北米LED液晶テレビ人気ランキング ソニー、東芝、シャープ、パナソニックのランキングは?3
LED液晶テレビおすすめ!ソニーLED液晶テレビ 東芝LED液晶テレビ シャープLED液晶テレビ パナソニックLED液晶テレビ LEDテレビ
価格競争力の確保が何よりも、北米テレビ市場奪還の重要な要素

現在、米国で販売されている32インチVIZIO LED液晶テレビ価格は299ドルで、同じ大きさのサムスン電子LED液晶テレビに比べて30ドル安い。

22インチLED液晶テレビもVIZIO製品がサムスン電子に比べて50ドル安い。

低価格戦略に支えられ、2002年の設立以来、VIZIOの売り上げは、2003年1700万ドル、2009年には約25億ドルで150倍ほど急成長した。

日本家電製品企業であるソニー、シャープ、東芝、パナソニックの価格競争力の確保が何よりも、北米テレビ市場奪還の重要な要素として作用すると予想される。

クリスタルLEDテレビ発売の可能性は?ソニークリスタルLED量産はできる?

2012年06月24日 09:42

クリスタルLEDテレビ発売の可能性は?ソニークリスタルLED量産はできる?
クリスタルLEDとは?ソニークリスタルLED(無機EL)と有機ELとの違いは?
クリスタルLEDテレビ発売の可能性は?ソニークリスタルLED量産はできる?1 
クリスタルLEDテレビ発売の可能性は?ソニークリスタルLED量産はできる?

SONYは、CES2012で次世代の自発光型次世代ディスプレイ、クリスタルLEDを開発したと発表した。

フルHD 55インチクリスタルLEDテレビの試作品を発表したSONYは、この新しい技術が業界初の55インチフルHD自発光型次世代ディスプレイで、LEDを光源として使用すると説明した。

クリスタルLEDとは、CLD(Crystal LED Display)とも呼ばれる。

無機ELとも呼ばれるクリスタルLEDディスプレイは、数年前にHydis (ハイディス) もデモ製品を出したりしたが、大型化と高密度集積化は不可能だった。

TFTの上に有機発光物質を塗って駆動するOLEDを従来のLEDよりも先に作ろうとしたのも、最終的にLEDの小型化には無理があったからだ。


クリスタルLEDテレビ発売の可能性は?ソニークリスタルLED量産はできる?2 
クリスタルLEDとは、Crystal LED Display 無機EL
クリスタルLEDディスプレイの大型化と高密度集積化は不可能だった
ソニークリスタルLED量産とクリスタルLED発売は可能なのか?

しかし、SONYはクリスタルLEDの開発に成功した。

SONYは、クリスタルLEDをOLED開発チームと極秘チームを構成して開発した。

ソニークリスタルLEDのドットピッチは0.630mm(630μm)のレベルで、各ピクセル間の間隔は0.210mm(210μm)である。

また、RGBのサブピクセルの分離感が小さいことがソニークリスタルLEDの特徴である。

ソニークリスタルLEDの厚さは3〜4cm、業務用を想定した厚さであり、ソニークリスタルLEDの量産製品は、より薄く量産することも可能である。


クリスタルLEDテレビ発売の可能性は?ソニークリスタルLED量産はできる?3
SONYはクリスタルLEDの開発に成功した
しかし、発売と量産のための投資が可能かどうかが問題である

LED製造の特性上、ドットピッチが固定されるため、小さな画面では解像度が減少し、大きなディスプレイでより高い解像度が可能になるというのも重要なポイントである。

ソニークリスタルLEDテレビ発売が可能であれば、業務用の製品がターゲットになる可能性が高い。

しかし、世界的不況にSONYがクリスタルLEDテレビ発売と量産のための投資が可能かどうか、価格的メリットを持って売ることができるかが問題である。

ソニークリスタルLEDテレビと有機ELテレビに集中!(SONYクリスタルLEDテレビの比較映像)

2012年06月24日 05:06

ソニークリスタルLEDテレビと有機ELテレビに集中!(SONYクリスタルLEDテレビの比較映像)
SONYクリスタルLEDテレビとソニー有機ELテレビの生産コストを60%まで減らす!
ソニークリスタルLEDテレビと有機ELテレビに集中!(SONYクリスタルLEDテレビの比較映像)1 
ソニークリスタルLEDテレビと有機ELテレビに集中!
(SONYクリスタルLEDテレビの比較映像)

ソニーの代表執行役社長兼CEO平井一夫は2012年会計年度中に40%のテレビの部分のビジネスを削減し、代わりにハイエンドディスプレイである有機ELテレビとクリスタルLEDテレビに集中すると発表した。

ソニーのテレビブランドであるBRAVIA(ブラビア)はテレビ購入者に高品質のテレビで評価されている。

SONY(ソニー)はおそらくもっと高い価格で高品質のテレビを発売すると予測されている。


ソニークリスタルLEDテレビと有機ELテレビに集中!(SONYクリスタルLEDテレビの比較映像)2
SONY、高い価格で高品質のクリスタルLEDテレビ発売

SONY(ソニー)は、2013年までにクリスタルLEDテレビと有機ELテレビの生産コストを60%まで減らすことを目的としている。

また、SONY(ソニー)は従業員の解雇について正式に発表した。

SONY(ソニー)は、"One Sony"というスローガンに基づいて、2012年会計年度以内に1万人の従業員を解雇すると発表した。

この場合、SONY(ソニー)は約750億円を削減できると見込んでいる。 


 
ソニークリスタルLEDテレビと有機ELテレビに集中!(SONYクリスタルLEDテレビの比較映像)3
ソニー有機ELテレビ

一方、ソニークリスタルLEDテレビは、ピクセルの数に対応するだけ、それぞれのRGBカラーのウルトラファインLEDを付けるソニーの独創的な方法で作られた。

(フルHDのために約6万LEDが使用される)RGB LED光源は、ディスプレイの前面に直接貼り付けられ、光を使用して効率を大幅に改善した。

その結果、従来のLCDテレビやPDPテレビと比較して、非常に高いコントラスト比と広色度域、優れた反応速度はもちろん、広い視野角と低消費電力まで実現した。

だけでなく、クリスタルLEDディスプレイは、ディスプレイの構造のおかげで、大画面にも理想的な形態である。


ソニークリスタルLEDテレビの比較映像(クリスタルLEDディスプレイ)

SONY 3D LEDテレビBRAVIA HX750を発売!BRAVIA HX750シリーズの価格、スペックとレビュー!

2012年04月29日 20:39

SONY 3D LEDテレビBRAVIA HX750を発売!BRAVIA HX750シリーズの価格、スペックとレビュー!
SONY 3D LEDテレビBRAVIA HX750 32型、40型、46型、55型の4つのモデルで発売!
SONY 3D LEDテレビBRAVIA HX750を発売!BRAVIA HX750シリーズの価格、スペックとレビュー!1
SONY 3D LEDテレビBRAVIA HX750を発売!BRAVIA HX750シリーズの価格、スペックとレビュー!
KDL-55HX750(55V型)KDL-46HX750(46V型)KDL-40HX750(40V型)KDL-32HX750(32V型)

SONY 3D LEDテレビBRAVIA HX750シリーズは、32型、40型、46型、55型の4つのモデルで発売された。

SONY 3D LEDテレビBRAVIA HX750価格は、3D立体映像とスマートな機能をサポートしているにもかかわらず、競合他社と同じ価格帯である。


SONY 3D LEDテレビBRAVIA HX750価格、スペック、レビュー!

SONY 3D LEDテレビBRAVIA HX750を発売!BRAVIA HX750シリーズの価格、スペックとレビュー!2
SONY 3D LEDテレビBRAVIA HX750レビュー、機能とメリット

SONY 3D LEDテレビBRAVIA HX750は、240Hzパネルを搭載し高速でスムーズな映像を提供する。

ゲームモードに設定すると、ゲームに最適化された画面表示でゲームを楽しむことができる。

特に、X-Realityエンジンを使用し、SONYだけの自然で元の画像に最も近い映像が最大のメリットである。

また、エッジ方式のLEDにFrame Dimming方式でLED光の加減によってコントラスト比を上げながらも消費電力を下げた。

SONY 3D LEDテレビBRAVIA HX750シリーズは、最適な3D立体映像のための自動3Dの深さ調整機能を使用し、3Dの歪みを最小限に抑えて、視聴時にめまいもなく、快適な3D立体映像を楽しむことができる。

SONY 3D LEDテレビBRAVIA HX750のスマートテレビ機能は、スマートフォンにアプリのみダウンすれば、スマートフォンでコントロールが可能で、無線でインターネットに接続して利便性を高めた。

また、Skypeカメラ(CMU-BR100、別売)を利用してSONYLEDテレビの大画面でビデオ通話を無料で楽しむことができる。


SONY 3D LEDテレビBRAVIA HX750価格

KDL-32HX750価格は約8万5千円

KDL-40HX750価格は約10万5千円

KDL-46HX750価格は約16万5千円

KDL-55HX750価格は22万5千円

クリスタルLEDテレビ、SONYテレビクリスタルLEDディスプレイのスペックと特徴!

2012年04月04日 18:39

クリスタルLEDテレビ、SONYテレビクリスタルLEDディスプレイのスペックと特徴!
クリスタルLEDテレビ、SONYテレビクリスタルLEDディスプレイのスペックと特徴!1 
クリスタルLEDテレビ、SONYテレビクリスタルLEDディスプレイのスペックと特徴!

SONYが新たにクリスタルLEDテレビを発表した。

今回発表されたSONYクリスタルLEDテレビは、大画面に最適化されている。


SONYクリスタルLEDテレビのスペックと特徴

SONYが発表した55インチサイズのフルHD級クリスタルLEDディスプレイで製作されたクリスタルLEDテレビは、LEDモジュールをそれぞれのR / G / B回路に独立し、適用した自発光ディスプレイで、業界初だ。


クリスタルLED 有機EL 比較!

クリスタルLEDテレビ、SONYテレビクリスタルLEDディスプレイのスペックと特徴!2 
クリスタルLEDテレビとは、クリスタルLEDとは?

クリスタルLEDテレビとは、SONY独自の方式で、R / G / B各色の非常に小さなLEDをそれぞれ画素数(フルHDの場合は約600万個)だけ配置したテレビである。

サムスン電子とLG電子が使用している有機ELテレビは、ホワイトLEDで、一つのLEDモジュールがR / G / Bカラーを再現する方式なので、フルHD解像度の場合、画素数は約200万個となる。


クリスタルLEDとは、RGB LED光源を直接ディスプレイの前面に配置し、光の利用効率を飛躍的に向上させることで、従来のLCDとPDPと比較すると高いコントラスト比、高速応答性能、広視野角でも均一な色の再生、その消費電力実装することができる。

また、クリスタルLEDディスプレイ構造の特徴として、大画面に適している。

SONYがCESに出品したプロトタイプクリスタルLEDディスプレイは、従来のLCDと比較すると、明るいところは約3.5倍(一画面の正面と斜め(45度)方向の平均環境照度100ルクスの基準)の違いが出て、色域は、約1.4倍、動画応答速度は約10倍の差を示す。

SONYは、このクリスタルLEDディスプレイを業務用から消費者向けまで幅広く製作して継続的な開発と商品化に努力を傾ける予定だ。

SONYクリスタルLEDテレビとクリスタルLEDディスプレイの主な仕様

クリスタルLEDテレビ、SONYテレビクリスタルLEDディスプレイのスペックと特徴!3
SONYクリスタルLEDテレビ
SONYが既存の有機ELテレビとは異なるアプローチで制作、新しい規格で製作されたクリスタルLEDディスプレイ55インチテレビ。 それぞれR / G / B回路をフルHD解像度だけ使用した600万LEDが主な特徴である



画面サイズ:55インチ

画素数:1,920×1,080×RGB(フルHD:RGB LEDを約200万個ずつ、計約600万個を使用)

表示素子:RGB LED

明るさ:約400cd /m²

視野角:約180°

コントラスト:測定限界以上

色域:NTSC比(xy)100%以上

消費電力(パネル·モジュール):約70W以下

LEDテレビ価格情報!LEDテレビ、価格引き下げと3Dテレビの普及で人気上昇!

2012年03月05日 08:30

LEDテレビ価格情報!LEDテレビ、価格引き下げと3Dテレビの普及で人気上昇!
直下方式LEDテレビが今年に注目されるようになった理由は?
 LEDテレビ価格、LEDテレビの価格引き下げと3Dテレビの普及で人気上昇!1
LEDテレビ価格情報!LEDテレビ、価格引き下げと3Dテレビの普及で人気上昇!

3Dテレビの普及とLEDテレビ価格引き下げでLEDテレビが再び注目されている。

LEDテレビは光源の取付位置に応じて大きく、直下方式とエッジライト方式に区分される。

直下方式の場合、光源のLEDを液晶表示装置(LCD)の後ろに付着し、エッジライト方式はLED光源をLCD枠の部分のみに付着している形だ。

市場調査機関ディスプレーサーチによると、今年LCDテレビ市場でLEDテレビの割合が70%水準に達するなど、LEDテレビがテレビ市場の主流として定着するように見える。

特に、今年のLEDテレビ市場では直下方式LEDテレビが再照明される見込みだ。

ディスプレイサーチは、昨年第4四半期出荷台数基準で0.5%に過ぎなかったLCDテレビ市場の直下方式LEDテレビの割合が今年第4四半期には13%まで増えると期待している。

昨年まで、直下方式LEDテレビは、テレビ市場で非主流に押し出された技術だった。

2009年、サムスン電子とLGがLEDテレビの標準化をめぐり激しく競争したことがある。

LEDテレビ価格、LEDテレビの価格引き下げと3Dテレビの普及で人気上昇!2
直下方式は、多くのLEDチップ使用することによって厚さが厚くなり、LEDテレビ価格も上昇

当時、サムスン電子が主張した技術は、エッジライト方式LEDテレビであって、LGは直下方式LEDテレビを持ってテレビ市場に出てきた。

両社の技術競争でLGの直下方式が技術的に優れているにもかかわらず、サムスン電子のエッジライト方式に押されるようになったのは、直下型LEDテレビ価格が高かったからだ。

直下方式がエッジライト方式に比べてバックライト光源として多くのLEDチップを使用することによって厚さが厚くなり、直下方式LEDテレビ価格も相対的に上昇した。

非主流に隠れていた直下方式LEDテレビが今年に注目されるようになった理由は、3Dテレビ市場の大衆化と活性化である。

昨年、3Dテレビ市場は2412万台で、前年比10倍以上成長した。

テレビ市場で3Dテレビが占める割合も、2010年3%に過ぎなかったが、昨年は11%まで跳ね上がった。

LEDテレビ価格、LEDテレビの価格引き下げと3Dテレビの普及で人気上昇!3
LEDテレビ価格情報!技術の進歩に直下方式LEDテレビ普及の最大の問題である価格が低くなった

業界関係者は "3Dテレビはメガネを着用して視聴する必要があるので、画面の明るさは落ちるはず"とし、"3Dテレビの普及に明るい画面の重要性が高まり、エッジライト方式に比べて画面の明るさを高めるために有利な直下方式が注目されている"と説明した。

最近、直下方式LEDテレビ価格が例年に比べて低くなった点も、直下方式LEDテレビが再び注目される理由と分析される。

業界関係者は "低消費電力の直下方式LEDテレビの場合、エッジライト方式製品よりもLEDのチップ数を減らすことができ、エッジライト方式には必ず搭載される導光板も不要になる"とし、"技術の進歩に直下方式LEDテレビ普及の最大の問題である価格が低くなり、直下方式LEDテレビの発売を計画している企業が増えている"と指摘した。

ライフオーディオ&テレビ最新情報