--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LEDテレビ高価な価格、LEDテレビマーケティングの失敗の原因は?

2011年07月25日 20:00

LEDテレビの高価な価格、外れたマーケティング戦略?
LEDテレビマーケティングの失敗の原因は?

世界テレビ市場の低迷を置いて複数の解釈がまちまちな中で、テレビメーカーが消費者便益はさておき、新技術の製品という"マーケティング"のみに注力している消費者の不信を買うことになったという"真正性、マーケティング不在"の論議が提起されて関心を集めている。

LEDテレビ高価な価格、LEDテレビマーケティングの失敗の原因は? 
LEDテレビ高価な価格、LEDテレビマーケティングの失敗の原因は?

LEDテレビ業界によると、"3年前から、液晶表示装置(LCD)テレビ、発光ダイオード(LED)テレビ、3次元(3D)立体映像テレビ、スマートテレビなど新製品が相次いで出てきたが、新しくない製品を新製品として発売し、50〜60%以上高く売ってきた企業のマーケティング行動が消費者の不信を買って、買い替え需要を鈍化させた"と主張した。

世界的な経済危機にも急激な成長を見せたのテレビ市場は、むしろ経済が回復傾向なのに、回復しないのは、企業が"プレミアムテレビ"と言って高い値段(価格)で販売している製品は、それだけの価値がないと感じていることに対する消費者の不信感だというのが説明だ。

LEDテレビの場合、LEDはパネル自体ではなく、パネルを照らす光源に過ぎず、画質に大きな影響を与えないが、企業は従来のLCDテレビより革新的な技術を適用したかのように、マーケティングに乗り出して70%も高く販売した。

LEDテレビに対する不信は、最終的にLEDテレビをベースにしてシャッターメガネ3Dテレビとスマートテレビにつながり、"製品の価値に比べて価格が法外に高い。"という認識が広がり、市場で期待以下の実績を上げているということだ。

業界の関係者は"需要を引き上げるには、原価を下げるし、より安価なLEDバックライトユニット(BLU)を作るために総力を傾けなければならない"と明らかにした。

関連記事
スポンサーサイト

ライフオーディオ&テレビ最新情報

 




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。