--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SONY(ソニー)3D TV(テレビ)、世界の3D TV(テレビ)市場1位を狙う?SONY(ソニー)の反撃!

2011年02月22日 09:00

SONY(ソニー)が3D TV(テレビ)を前面に出してTV(テレビ)の市場占有率の増大に加速度を立てて反撃を模索している。
 
SONY(ソニー)3D TV(テレビ)、世界の3D TV(テレビ)市場1位を狙う

フラットTV(テレビ)の分野で、サムスン電子とLG電子に押されたプライドを3D TV(テレビ)など、新しい成長領域を介して取り出すという戦略とみられる。

しかし、サムスン電子、LG電子が3D TV(テレビ)とスマートTV(テレビ)機能を強化した新製品を相次いで出して総力戦を展開する構えなので、今年の3D TV(テレビ)市場を置き、グローバルな企業間の大激突が予想される。

市場調査機関のディスプレーサーチが21日発表した世界のTV(テレビ)市場調査報告書を見ると、SONY(ソニー)が第4四半期に1位を記録したことが分かった。

SONY 3D 液晶テレビ BRAVIA ブラビア1
*SONY 3D 液晶テレビ BRAVIA ブラビア画像

SONY(ソニー)は、LCDパネルを使用した3D TV(テレビ)市場では、昨年第4四半期の43.3%のシェア(売上高ベース)に1位を記録し、サムスン電子(36.1%)を上回る異変を見せた。

PDP TV(テレビ)強者であるパナソニック(Panasonic)も3D PDP TV(テレビ)市場では、昨年第4四半期の50.5%のシェアで1位を占めた。

ディスプレイサーチは、世界の3D TV(テレビ)の集計値を出したのは初めてだ。

韓国の家電メーカーに押されて切歯腐心しているSONY(ソニー)とパナソニック(Panasonic)が、昨年第4四半期の3D TV(テレビ)市場で頭角を現したのは、これらの企業が3D TV(テレビ)に力を入れた結果と分析される。

実際にSONY(ソニー)パナソニック(Panasonic)など日本テレビメーカーは、今年初めに開催された世界最大の家電見本市CES 2011で、その3D TV(テレビ)を知らせるために高い比重を置いた。

SONY 3D 液晶テレビ BRAVIA ブラビア2

パネルの概要を置いていない3D TV(テレビ)市場全体ではサムスン電子が36.2%で1位を占め、SONY(ソニー)(33.5%)がきつく後を追った。

SONY(ソニー)は、3D PDP TV(テレビ)を、ほとんど販売されていないからだ。

世界の3D TV(テレビ)の市場規模は、昨年第4四半期だけで233万台で、全体のフラットパネルTV(テレビ)(6917万台)の3%に過ぎないことがわかった。
関連記事

ライフオーディオ&テレビ最新情報

 



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://lifeaudio.blog98.fc2.com/tb.php/39-dbc2718b
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。