--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3Dテレビ(3D TV)技術論争海外で再点火?3Dテレビ(3D TV)身体に有害?

2011年05月26日 21:57

アメリカNBC"三星(サムスン)電子3Dテレビ(3D TV)の長時間視聴は、身体に有害"報道!
コンシューマーレポートは、"LG電子の3Dテレビ(3D TV)フルHD解像度を実現できない"と指摘!

三星(サムスン)電子とLG電子の3Dテレビ(3D TV)技術の議論が海外で再び火がついた。


3Dテレビ(3D TV)技術論争海外で再点火?3Dテレビ(3D TV)身体に有害?1 
3Dテレビ(3D TV)身体に有害?


三星(サムスン)電子3Dテレビ(3D TV)を長時間視聴すると、身体に有害だという主張とLG電子の3Dテレビ(3D TV)はフルHDを実装することができないという主張が問われ、しばらく静かだった両社の3Dテレビ(3D TV)技術戦争が国内を越えて海外で第2ラウンドに突入した。

米国(アメリカ)の地上波放送社であるNBCは、サムスン電子の3Dテレビ(3D TV)を長時間視聴すると、健康に有害であるという内容を報道した。

同じ日、市場調査を専門とするコンシューマーレポートは3Dテレビ(3D TV)の購入ガイドを出版しながら、LG電子の3Dテレビ(3D TV)はフルHDを実装することができないと明示した。

これまでLG電子は、自社3Dテレビ(3D TV)の画質がフルHDだと明らかにしてきた。

米国(アメリカ)NBCは、サムスン電子が自社3Dテレビ(3D TV)製品に子供や青少年が3Dテレビ(3D TV)を視聴する場合、危ない場合もあるという内容の警告の説明書が含まれているという事実を適時し、このように報じた。

NBCは、三星(サムスン)電子のアクティブシャッターグラス方式3Dテレビ(3D TV)を一日6時間以上視聴する場合、視力低下はもちろん、極端にはTVを視聴して、発作を起こすことがあると報じた。

特に、NBC報道には、米国のある眼科専門医が出て、"一日に6時間以上持続的に3Dテレビ(3D TV)を視聴する場合、問題が発生する可能性がある"とし、 "3Dメガネが交互に点滅していることがその原因だ"と主張した。

これは、米国市場での3Dテレビ(3D TV)の販売に総力を尽くしてきた三星(サムスン)電子の立場ではかなり不利な内容である。

これに対し、三星(サムスン)電子の関係者は、"アクティブ方式3Dテレビ(3D TV)だけでなく、3Dを実装する他の方式の3Dテレビ(3D TV)も長時間の視聴についての警告が説明書に含まれている"とし "十分な実験を使って製品を開発したので、身体に無理を与えない"と反論した。


3Dテレビ(3D TV)技術論争海外で再点火?3Dテレビ(3D TV)身体に有害?2 
LG電子の3Dテレビ(3D TV)フルHDを実装することができない?


一方、LG電子の3Dテレビ(3D TV)もコンシューマーレポートからフルHDを実装することができないという評価を受けた。

コンシューマーレポートは、LG電子の3Dテレビ(3D TV)の画面を偶数と奇数に分けて区分し、それぞれの目に配信するため、フルHDではなく、半分の解像度である540p(HD級)しか提供していないと明らかにした。

今まで、サムスン電子のアクティブ方式に比べ、フルHDを実現し、低価格を実現したと主張していたLG電子は、コンシューマーレポートの指摘に苦しい状況を経験するようになった。
関連記事

ライフオーディオ&テレビ最新情報

 



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://lifeaudio.blog98.fc2.com/tb.php/48-6bd09caf
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。